米津玄師 - Peace Sign

Link to video

Translation

Once an airplane flew
Very closely above us
Strangely, I remember it clearly
even though it was meaningless, why?

The night when I cried pathetically
Wishing that I could become strong
I went in search
of the courage I needed

Even if a cruel fate is controlling me
Even if it appears before me one day
Just once, for an instant, if I could breathe
I wouldn't mind, in my heart

One more time
Travel far, travel far,
someone within me sings
so fervently that I can't resist
A song that turns me into a hero
who laughs so that you never cry again
Farewell, hold up the peace sign
Our story rolls on

You weren't weak enough to say
that you wanted to protect me
I was weaker than that
you were precious to me

Since that day when I yelled
"I can go it alone"
Laugh at me as I change
Laugh at me, I'm afraid of being alone

Kicking the dirt, gritting my teeth, I can't even breathe
My head spins and my stomach churns
I want to touch your heart right now
and abandon all pretense and facades

We will certainly, someday
reach even the distant sun
Laughing as we capture the dawn
And then, dyed in a burning blue
We'll hold hands and run
beyond hazy towns
Stealing our future together
A story without wrinkles

Those chaotic days, covered with scabs
and the present, as we're worn down slowly
are vividly resurrected by your words
Once more, take back
my soul, which lies dormant
that discarded, half-eaten dream

One more time
Travel far, travel far,
someone within me sings
so fervently that I can't resist
A song that turns me into a hero
who laughs so that you never cry again
Farewell, hold up the peace sign
Our story rolls on

Stealing our future together
A story without wrinkles

Original (source)

いつか僕らの上をスレスレに
通り過ぎていったあの飛行機を
不思議なくらいに憶えてる
意味もないのに なぜか

不甲斐なくて泣いた日の夜に
ただ強くなりたいと願ってた
そのために必要な勇気を
探し求めていた

残酷な運命が定まってるとして
それがいつの日か僕の前に現れるとして
ただ一瞬 この一瞬 息ができるなら
どうでもいいと思えた その心を

もう一度
遠くへ行け遠くへ行けと
僕の中で誰かが歌う
どうしようもないほど熱烈に

いつだって目を腫らした君が二度と
悲しまないように笑える
そんなヒーローになるための歌
さらば掲げろピースサイン
転がっていくストーリーを

守りたいだなんて言えるほど
君が弱くないのわかってた
それ以上に僕は弱くてさ
君が大事だったんだ

「独りで生きていくんだ」なんてさ
口をついて叫んだあの日から
変わっていく僕を笑えばいい
独りが怖い僕を

蹴飛ばして噛み付いて息もできなくて
騒ぐ頭と腹の奥がぐしゃぐしゃになったって
衒いも外連も消えてしまうくらいに
今は触っていたいんだ 君の心に

僕たちは
きっといつか遠く離れた
太陽にすら手が届いて
夜明け前を手に入れて笑おう

そうやって青く燃える色に染まり
おぼろげな街の向こうへ
手をつないで走っていけるはずだ
君と未来を盗み描く
捻りのないストーリーを

カサブタだらけ荒くれた日々が
削り削られ擦り切れた今が
君の言葉で蘇る 鮮やかにも 現れていく
蛹(さなぎ)のままで眠る魂を
食べかけのまま捨てたあの夢を
もう一度取り戻せ

もう一度
遠くへ行け遠くへ行けと
僕の中で誰かが歌う
どうしようもないほど熱烈に

いつだって目を腫らした君が二度と
悲しまないように笑える
そんなヒーローになるための歌
さらば掲げろピースサイン
転がっていくストーリーを

君と未来を盗み描く 捻りのないストーリーを

Index