Russia - 37 dead in fire; 60 missing

Translation

On March 25th, a fire broke out in a mall in Siberia, Russia. 37 are confirmed dead, and the fire department is currently searching for a further 60 missing people.

A fire occurred in a shopping mall in central Kemerovo, Russia, at approximately 4:00 p.m. on the 25th (6:00 p.m. Japanese time).

According to the local fire department, 37 deaths (including children) have been confirmed so far, and 43 people are currently receiving treatment at a hospital. The fire department is searching for an additional 64 missing.

The fire broke out on the 4th floor of the building, and has burned approximately 1500 square meters so far. However, the flames appear to be weakening at this time.

Local news reports state that the mall in question was opened in 2013, and has a total floor area of about 23,000 square meters. The fourth floor, where the fire occurred, contained a movie theater and other attractions aimed at children.

Kemerovo is in southwest Siberia, about 3500 kilometers from the capital Moscow. It is situated almost exactly in the center of Russia.

The surrounding area is known for coal mining, iron and steel, and the production of heavy machinery; it is a critical part of Siberia's chemical industry.

Japanese manufacturers are also involved in the development of the area's resources.

Original (Source)

ロシアのシベリアのショッピングセンターで25日、火災が発生し、これまでに37人が死亡したほか、60人余りと連絡が取れなくなっているということで、消防などが行方不明者の捜索を進めています。

ロシアのシベリアの都市ケメロボの中心部にあるショッピングセンターで、現地時間の25日午後4時ごろ、日本時間の25日午後6時ごろ、火災が起きました。

現地の消防によりますと、この火災でこれまでに子どもを含む37人の死亡が確認されたほか、43人が病院で手当てを受けているということです。また、火災のあと64人と連絡が取れなくなっているということで、消防などが行方不明者の捜索を進めています。

消防によりますと、火は建物の4階部分から出て、これまでにおよそ1500平方メートルが焼けたということですが、火の勢いは収まってきているということです。

また、現地の報道によりますと、火災のあったショッピングセンターは2013年にオープンし、広さはおよそ2万3000平方メートルで、火が出た4階には映画館や子ども向けの施設が入っているということです。

ケメロボ州はシベリアの南西部にあり、首都モスクワからは東におよそ3500キロ離れていて、ロシアのほぼ中央に位置しています。

この地域は炭鉱地帯として知られているほか、鉄鋼や重機械などの工業が発達し、シベリアの重要な重化学工業地域となっています。

また、資源開発が進められる中で、建機メーカーなど日本の企業も進出しています。

Index